山菅(読み)ヤマスガ

  • やますげ
  • 山×菅
  • 山菅 (ヤマスゲ)

大辞林 第三版の解説

山に生えているスゲ。
植物ヤブランの古名。 -をてまさぐりにして/栄花 殿上の花見

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 =やますげ(山菅)
※万葉(8C後)二〇・四四八四「咲く花は移ろふ時ありあしひきの夜麻須我(ヤマスガ)の根し長くはありけり」
〘名〙
① 山に生えているスゲの類。山地に自生するスゲの類。やますが。
※万葉(8C後)一一・二四七七「あしひきの名に負ふ山菅(やますげ)押し伏せて君し結ばばあはざらめやも」
② 植物「やぶらん(藪蘭)」の古名。〔本草和名(918頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山菅の関連情報