背向(読み)ソガイ

デジタル大辞泉の解説

そ‐がい〔‐がひ〕【向】

後ろ向き。背中合わせ。
「お町は顔を真紅(まっか)にして―にもなられず」〈柳浪・骨ぬすみ〉
後方。背後。
「筑波嶺に―に見ゆる葦穂山悪しかるとがもさね見えなくに」〈・三三九一〉

はい‐こう〔‐カウ〕【背向】

そむくことと、従うこと。向背

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そがい【背向】

後ろ向き。背中合わせ。 「椽側の方へ-になり/薄命のすず子 お室
後ろの方。後方。背後。 「雑賀野さいかのゆ-に見ゆる沖つ島/万葉集 917

はいこう【背向】

そむくことと従うこと。向背。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そがい そがひ【背向】

〘名〙 うしろの方。後。また、うしろむきであること。
※万葉(8C後)一四・三三九一「筑波嶺に曾我比(ソガヒ)に見ゆる葦穂山悪(あ)しかる咎(とが)もさね見えなくに」
※読本・雨月物語(1776)蛇性の婬「人々を見てあやしげにまもりたるに、真女子もまろやも此人を背(ソガヒ)に見ぬふりなるを、翁渠(かれ)二人をよくまもりて」
[補注]ソはセ(背)の母音交替形。「万葉集」には「背」「背向」などとも表記され、ソムカヒの縮約とみられる。「前後」または「向かったり背にしたりする」意の漢語「背向」の翻訳語とみる説もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android