コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山鹿秀遠 やまが ひでとお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山鹿秀遠 やまが-ひでとお

?-? 平安時代後期の武将。
大伯父山鹿経政から筑前(ちくぜん)(福岡県)遠賀(おんが)郡の山鹿荘をつぐ。九州一の強弓使い手といわれた。寿永2年大宰府からのがれてきた平家一門をかくまう。元暦(げんりゃく)2年(1185)壇ノ浦の戦いで源氏方に敗れて所領は没収され,山鹿氏はほろびた。本姓は粥田。通称は兵藤次。姓は山蛾,山賀ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山鹿秀遠

生年:生没年不詳
平安末期の武将。大宰府の有力府官藤原蔵規の子孫で粥田経遠の子。九国一の強弓と謳われ本拠を遠賀川河口の山鹿荘におく。寿永2(1183)年,安徳天皇以下平家一門を居城に迎え,文治1(1185)年の壇の浦の戦では,平家方舟軍第1陣の大将軍として緒戦に源義経軍を破った。<参考文献>正木喜三郎『大宰府領の研究』

(正木喜三郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の山鹿秀遠の言及

【山鹿氏】より

…古代末から中世にかけて主として九州で活躍した武士。粥田経遠(かいたつねとお)の子山鹿秀遠(やまがひでとお)は大宰府府官の藤原政則を祖としており,菊池氏と同族であった。秀遠は遠賀川流域最大の豪族に成長し,平氏の方人となった。…

※「山鹿秀遠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山鹿秀遠の関連キーワード麻生氏

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android