強弓(読み)ごうきゅう

精選版 日本国語大辞典「強弓」の解説

ごう‐きゅう ガウ‥【強弓】

〘名〙 引くのに強い力を必要とする。張りの強い弓。また、その弓を引く人。つよゆみ。
※文徳実録‐仁寿三年(853)八月壬午「長於武猛、能引強弓」 〔戦国策‐韓策・昭侯〕

つよ‐ゆみ【強弓】

〘名〙 の張りの強い弓。強い力で引く弓。また、それを引きこなす人。ごうきゅう。
平家(13C前)四「競はもとよりすぐれたるつよ弓せい兵(びゃう)

きょう‐きゅう キャウ‥【強弓】

〘名〙 =ごうきゅう(強弓)〔運歩色葉(1548)〕〔戦国策‐韓策・昭侯〕

こわ‐ゆみ こは‥【強弓】

〘名〙 はりの強い弓。ごうきゅう。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「強弓」の解説

つよ‐ゆみ【強弓】

つるの張りの強い弓。また、それをひきこなす人。ごうきゅう。
「いかなる―が射けれども矢一つもなかりけり」〈太平記・三三〉

ごう‐きゅう〔ガウ‐〕【強弓】

張りが強く、引くのに強い力を必要とする弓。また、それを引く人。きょうきゅう。つよゆみ。

きょう‐きゅう〔キヤウ‐〕【強弓】

ごうきゅう(強弓)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android