強弓(読み)ゴウキュウ

  • きょうきゅう キャウ‥
  • きょうきゅう〔キヤウ〕
  • こわゆみ こは‥
  • ごうきゅう ガウ‥
  • ごうきゅう〔ガウ〕
  • つよゆみ

デジタル大辞泉の解説

張りが強く、引くのに強い力を必要とする。また、それを引く人。きょうきゅう。つよゆみ。
弦(つる)の張りの強い弓。また、それをひきこなす人。ごうきゅう。
「いかなる―が射けれども矢一つもなかりけり」〈太平記・三三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 =ごうきゅう(強弓)〔運歩色葉(1548)〕〔戦国策‐韓策・昭侯〕
〘名〙 引くのに強い力を必要とする弓。張りの強い弓。また、その弓を引く人。つよゆみ。
※文徳実録‐仁寿三年(853)八月壬午「長於武猛、能引強弓」 〔戦国策‐韓策・昭侯〕
〘名〙 はりの強い弓。ごうきゅう。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
〘名〙 弦の張りの強い弓。強い力で引く弓。また、それを引きこなす人。ごうきゅう。
※平家(13C前)四「競はもとよりすぐれたるつよ弓せい兵(びゃう)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android