コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山鹿氏 やまがうじ

世界大百科事典 第2版の解説

やまがうじ【山鹿氏】

古代末から中世にかけて主として九州で活躍した武士。粥田経遠(かいたつねとお)の子山鹿秀遠(やまがひでとお)は大宰府府官の藤原政則を祖としており,菊池氏と同族であった。秀遠は遠賀川流域最大の豪族に成長し,平氏の方人となった。そして平家都落ちに従い,壇ノ浦の戦(1185)では平家方1000余艘中500余艘を率いて先陣をつとめ,〈九国一番の勢兵〉と呼ばれたが,平氏の滅亡とともに没落した。筑前麻生氏の同族山鹿氏は宇都宮氏の末流と称し,山鹿秀遠跡の山鹿荘を知行したと伝えている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android