コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

おん

サンスクリット語 oṃの音写。呪文の初めに称えられる祈祷語。古来インドでは,応諾を意味する敬語で,この言葉に種々の深い秘義を与えて聖とした。また,それを分解するとa・u・mの3字から成り立つ言葉として,発生,維持,終滅の合成であるとし,ヒンドゥー教ブラフマー (創造) ,ビシュヌ (維持) ,シバ (破壊) の3神に配当させた。仏教,特に密教にこの言葉が取入れられて,真言の初めに称えられ,神聖な呪語として尊ばれている。帰命,供養,三身法身,報身,応身の意味をもつともされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

おんの関連キーワードサンスクリット語フォネーム慈雲(2)フォニーム詰まる音温血動物等温動物蘆山慧遠牧尾ダム林遠里開拗音震え音雌・牝漢字音忍び田基本音御嶽教通用音隠し田陰陽道

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おんの関連情報