コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡崎徳本 おかざき とくほん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡崎徳本 おかざき-とくほん

1826-1870* 幕末の暦算家。
文政9年生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士。藩校尚徳館で岡本孝方(こうほう)にまなんだ。明治2年12月11日死去。44歳。通称は太内。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岡崎徳本の関連キーワードハウフオーストラリア・ニュージーランド文学バーラクザイ朝ハウフユゴーモルガン財閥日本の医学史(年表)普仏戦争オリビエ(Emile Ollivier)製糸業

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android