コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩漿同質 がんしょうどうしつaschistic

岩石学辞典の解説

岩漿同質

大きな岩体に伴われる小貫入岩体で,顕著に分化していないために小貫入岩体の本源となった大きな貫入岩体と基本的に同じ化学組成を残している小貫入岩体の岩石に用いた語である[Broegger : 1894].優白岩と優黒岩に分化していない小規模の貫入岩体に用いる[渡辺編 : 1935].ギリシャ語のaschistosは分割しない,分裂しないという意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android