コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

優白岩 ゆうはくがんleucocratic rock

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

優白岩
ゆうはくがん
leucocratic rock

白っぽい色調を有する火成岩の総称。一般に,有色鉱物の色指数が0~30の範囲に入る火成岩をいう。有色鉱物の量が多く黒っぽい色調を示す火成岩は優黒岩と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典の解説

優白岩

ブレガーによって明るい色の鉱物に富む火成岩に用いられた語[Broegger : 1893].ラクロアは,優白質岩石(leucocratic rocks)は明色の鉱物が65~95%を含むとし[Lacroix : 1902, 1933],シャンドは優白質岩石は明るい色の鉱物の容量が70%以上を含むとしている[Shand : 1927].一般にはブレガーの用法が用いられている.ギリシャ語のleukosは白,crateoは卓越した,顕著なという意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

優白岩の関連キーワードロディンジャイト岩漿同質白斑岩岩脈

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android