コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

優白岩 ゆうはくがんleucocratic rock

2件 の用語解説(優白岩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

優白岩
ゆうはくがん
leucocratic rock

白っぽい色調を有する火成岩の総称。一般に,有色鉱物の色指数が0~30の範囲に入る火成岩をいう。有色鉱物の量が多く黒っぽい色調を示す火成岩は優黒岩と呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

岩石学辞典の解説

優白岩

ブレガーによって明るい色の鉱物に富む火成岩に用いられた語[Broegger : 1893].ラクロアは,優白質岩石(leucocratic rocks)は明色の鉱物が65~95%を含むとし[Lacroix : 1902, 1933],シャンドは優白質岩石は明るい色の鉱物の容量が70%以上を含むとしている[Shand : 1927].一般にはブレガーの用法が用いられている.ギリシャ語のleukosは白,crateoは卓越した,顕著なという意味.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone