貫入岩体(読み)かんにゅうがんたい(英語表記)intrusive body

岩石学辞典の解説

貫入岩体

火成岩が地下に貫入した場合の全体の形状の確定は非常に困難で,露頭部分くらいしか確実には分からず,貫入火成岩の規模を推定した報告は少ない.しかし三次元の形状を予想した研究もある[MacColl : 1964].大規模な貫入岩体の例としては,南アフリカのカルー(Karoo)系の輝緑岩岩体は露出面積3 800 000 km2以上で,体積は457 600 km3と見積もられている[Turner & Verhoogen : 1951].海洋底のオントンジャワ海台(Ontong Java Plateau)の玄武岩の総量は36 000 000 km3以上である[Coffin & Eldoholm : 1993].このような大規模な岩体には比較的よく研究されているものがあるが,大規模岩体の貫入形式がそのまま小規模な貫入岩体に適用できない.小規模の貫入岩体の詳細な研究はあまり多くない[鈴木 : 1994].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android