コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貫入岩体 かんにゅうがんたい intrusive body

2件 の用語解説(貫入岩体の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

貫入岩体

火成岩が地下に貫入した場合の全体の形状の確定は非常に困難で,露頭部分くらいしか確実には分からず,貫入火成岩の規模を推定した報告は少ない.しかし三次元の形状を予想した研究もある[MacColl : 1964].大規模な貫入岩体の例としては,南アフリカカルー(Karoo)系の輝緑岩岩体は露出面積3 800 000 km2以上で,体積は457 600 km3と見積もられている[Turner & Verhoogen : 1951].海洋底のオントンジャワ海台(Ontong Java Plateau)の玄武岩の総量は36 000 000 km3以上である[Coffin & Eldoholm : 1993].このような大規模な岩体には比較的よく研究されているものがあるが,大規模岩体の貫入形式がそのまま小規模な貫入岩体に適用できない.小規模の貫入岩体の詳細な研究はあまり多くない[鈴木 : 1994].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

貫入岩体【かんにゅうがんたい】

マグマが地表に噴出しないで,地下で固結したもの。形態から,岩脈岩床バソリス(底盤),岩株,ラコリス(餅(べい)盤),ロポリス(盆盤),シルなどがあり,形態により岩石の種類に特徴がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

貫入岩体の関連キーワードプルトン噴出岩火成活動内変オートモルフィックストロマティック深成岩岩栓ハルポリスリボン状貫入二次火成岩

貫入岩体の関連情報