コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岳鍾琪 がくしょうきYuè Zhōng qí

1件 の用語解説(岳鍾琪の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

がくしょうき【岳鍾琪 Yuè Zhōng qí】

1686‐1754
中国,清代中期の武将。字は東美。四川省成都の人。宋の武将岳飛の子孫といわれ,父は四川提督岳昇竜。1720年(康熙59)チベットに侵入したジュンガル軍を討ち,翌年四川提督となり,24年(雍正2)青海におけるロプサン・テンジンの反乱を平定した。翌年川陝総督となり,29年寧遠大将軍としてジュンガルとの戦いに赴き,32年失敗して罪を受けた。47年(乾隆12)大金川の討伐にふたたび起用され,大功をたてた。【神田 信夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

岳鍾琪の関連キーワード小田原藩吉田半兵衛岡本一抱李鱓中国の原木輸入量堀川運河ドナルド・マクドナルド・ハウスなごや奥村政信鹿の巻筆代物替え

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone