コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岳鍾琪 がくしょうき Yuè Zhōng qí

1件 の用語解説(岳鍾琪の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

がくしょうき【岳鍾琪 Yuè Zhōng qí】

1686‐1754
中国,清代中期の武将。字は東美。四川省成都の人。宋の武将岳飛の子孫といわれ,父は四川提督岳昇竜。1720年(康熙59)チベットに侵入したジュンガル軍を討ち,翌年四川提督となり,24年(雍正2)青海におけるロプサン・テンジンの反乱を平定した。翌年川陝総督となり,29年寧遠大将軍としてジュンガルとの戦いに赴き,32年失敗して罪を受けた。47年(乾隆12)大金川の討伐にふたたび起用され,大功をたてた。【神田 信夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岳鍾琪の関連キーワード宅間憲俊費晴湖円心沈銓安部信之(2)角々歌鳥土屋縄直藤堂良端堀元厚