峠蕗(読み)トウゲブキ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

峠蕗 (トウゲブキ)

学名:Ligularia hodgsonii
植物。キク科の多年草,高山植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とうげ‐ぶき たうげ‥【峠蕗】

〘名〙 キク科の多年草。北海道、本州東北部の温帯林の縁や海岸草原に生える。高さ約六〇センチメートル。葉は長い柄を持ち腎臓状卵形で縁に鋸歯(きょし)がある。夏、茎の上端に散房状に径四~五センチメートルの黄色の頭花をつける。たからこう。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android