コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

峰隆一郎 みね りゅういちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

峰隆一郎 みね-りゅういちろう

1931-2000 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和6年6月17日生まれ。出版社勤務,フリーライターをへて,作家活動に専念。昭和54年「流れ灌頂(かんじょう)」で問題小説新人賞。時代小説からミステリーまで幅ひろい分野で活躍し,「人斬り弥介」シリーズ,「長崎平戸殺人事件」など多数の作品をのこした。平成12年5月9日死去。68歳。長崎県出身。日大中退。本名は峰松隆(みねまつ-たかし)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

峰隆一郎の関連キーワード小説家昭和

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android