コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修羅 しゅら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

修羅
しゅら

中世から近世にいたるまで巨石運搬用に用いられた木ぞり。中世以後,「修羅」と呼ばれ,大坂城,江戸城などの築城に関する多くの文献や築城図・石曳図が残され,近来まで山奥の巨木を切りおろすのに使われていた。修羅の名は,阿修羅帝釈天と争って勝ったという仏典の故事から「帝釈 (大石) を動かせるのは修羅」に由来するといわれる。近世の築城図には,ころとてこを用い,多勢の男が綱を引き,石の上の男はほら貝や太鼓で音頭をとるさまが描かれている。これらの修羅ところの使用によって摩擦抵抗が小さくなり,たとえば 30tの石が数十人から 100人までで運搬できるほか,方向操作も容易になる。 1978年4月に,大阪府藤井寺市の古墳の堀から長さ 8.8mの舟型のカシの木ぞりと同型の小型のものが発掘され,その形,ほぞ穴の配置などから中世の「修羅」の原型に違いないとされて,古代史とその土木技術謎を解く貴重な手掛りとなるとともに,古代人の知恵と壮大さが話題を呼んだ。

修羅
しゅら

阿修羅」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅら【修羅】

阿修羅(あしゅら)」の略。

修羅道」の略。
醜い争いや果てしのない闘い、また激しい感情のあらわれなどのたとえ。
大石・大木などを運搬する道具。そりの一種。修羅車(しゅらぐるま)。

すら【修羅】

しゅら(修羅)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

修羅【しゅら】

阿修羅

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅら【修羅】

(1)木製橇(そり)形の石材運搬用具。大石(たいしやく)の下に使うので帝釈天の下に踏みつけられた阿修羅になぞらえた石材業者の用語。1978年大阪府藤井寺市道明寺の仲津媛陵の南に並ぶ三っ塚古墳の東と中央の方形墳の中間の堀の底に掘った土坑の底からアカガシ材の二またを使った長さ8.8mのV字形の修羅が出土した。同時に長さ2.9mの小型の同形の修羅と,長さ6mのてこ状の棒が伴出した。その南の応神陵をはじめとする5世紀の古市古墳群の大規模な土木工事はこのような巨大な石材運搬具を用いた大工事であったことを実感させる遺品である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅら【修羅】

○
〘仏〙「阿修羅あしゆら」の略。
〘仏〙「修羅道しゆらどう」の略。
激しい戦闘。闘争。争い。 「 -の妄執」
大石・大木などを運搬する車。修羅車ぐるま
滑道の一。丸太を縦に並べて半円形の溝を作り、その中を滑らせる木材運搬の方法。

すら【修羅】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

修羅の関連情報