専念(読み)センネン

デジタル大辞泉の解説

せん‐ねん【専念】

[名](スル)
一つのことに心を集中すること。そのことだけに熱心になること。専心。「研究に専念する」「療養に専念する」
「その頭を撫でつつ、―に書見したりしが」〈鏡花・義血侠血〉
浄土門において、もっぱら阿弥陀仏の名号を唱えること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐ねん【専念】

〘名〙
① 仏語。一心に仏を念ずること。専修念仏。
※教行信証(1224)二「云専念者、即一行、形二行
※三国伝記(1407‐46頃か)三「法華経を暗誦し彌陀仏を専念す」 〔観経疏‐散善義〕
② 一途(いちず)に思いこむことやそのさま。また、あることに没頭することやそのさま。専心。
※義血侠血(1894)〈泉鏡花〉一「其頭を撫でつつ、専念(センネン)に書見したりしが」 〔儲光羲‐奉酬張五大垂贈詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報