島内剛一(読み)しまうち たかかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島内剛一 しまうち-たかかず

1930-1989 昭和時代後期の数学者。
昭和5年8月10日生まれ。東京教育大助手をへて,立大教授。数学基礎論を専攻したのち計算機科学を研究し,プログラム言語「ALGOL N」を設計。計算機用語の日本語化にもとりくんだ。平成元年12月19日死去。59歳。東京出身。東大卒。著作に「プログラム言語論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android