島宮・嶋宮(読み)しまのみや

精選版 日本国語大辞典「島宮・嶋宮」の解説

しま‐の‐みや【島宮・嶋宮】

天武天皇のころ、奈良県高市郡明日香村島ノ庄にあった離宮。のち皇太子草壁皇子の宮殿。奈良時代まで存続した。
書紀(720)天武即位前(北野本訓)「に、嶋宮(しまノみや)に御(おは)します」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報