コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嶋宮 しまのみや

1件 の用語解説(嶋宮の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しまのみや【嶋宮】

7世紀代から8世紀中葉ごろまで,飛鳥に所在した宮。壬申の乱の前夜,大海人皇子が近江を脱出し嶋宮に一泊して,翌日吉野に至ったとするのが,その初見記事である。天武朝には,皇太子草壁皇子(日並皇子)の宮となったらしい。《万葉集》巻二に,草壁皇子の没時に東宮の舎人(とねり)たちが作った挽歌23首がみえている。それらによると,嶋宮には,大きい宮殿があり,東門は滝つ瀬に面していた。また,宮内には,勾(まがり)の池,上の池があり,鳥が放し飼いにされていたし,681年(天武10)9月には,周芳国から貢上された赤亀が放たれたこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

嶋宮の関連キーワード飛鳥時代唐三彩日本府ビザンチン建築弁韓ダブレット中葉封建時代竜樹飛鳥京跡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嶋宮の関連情報