峻酷・峻刻(読み)しゅんこく

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅん‐こく【峻酷・峻刻】

〘名〙 (形動) 非常にきびしくて、思いやりや愛情のないこと。また、そのさま。
※義血侠血(1894)〈泉鏡花〉二七「渠は峻酷(シュンコク)なる法官の威容をもて」 〔宋史‐李継和伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる