川上右仲(読み)かわかみ うちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川上右仲 かわかみ-うちゅう

?-? 江戸時代後期の殖産家。
寛政5年(1793)下総(しもうさ)小金(千葉県)の牧士(もくし)にとりたてられ,幕府の林掛もつとめる。櫟(くぬぎ)を利用した炭焼きを献策し,佐倉炭(さくらずみ)の創始者とつたえられる。佐倉藩では特産品としてその製造を奨励した。下総印旛郡(千葉県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android