川口で船を破る(読み)カワグチデフネヲワル

デジタル大辞泉の解説

川口(かわぐち)で船(ふね)を破(わ)る

《長い航海を終え、港付近の川口まで来たところで船を損なう意から》成功する直前で失敗することのたとえ。
《長い航海に出ようとするときに、港付近の川口を損なうから》さあこれからというときに失敗することのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かわぐち【川口】 で 船(ふね)を破(わ)

① (長い航海を終えて川口の港付近まで来て船をそこなうの意から) 成功の一歩手前まできて失敗することのたとえ。
※浄瑠璃・七小町(1727)四「今宵一夜が手詰の瀬戸、川口で舟破(ワル)な」
② (長い航海に出るにあたって、川口の付近で早くも船をそこなうの意から) 物事のしはじめの第一歩から失敗することのたとえ。〔譬喩尽(1786)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android