川名 兼四郎(読み)カワナ カネシロウ

20世紀日本人名事典の解説

明治・大正期の民法学者 東京帝国大学教授。



生年
明治8年(1875年)

没年
大正3(1914)年10月7日

出生地
千葉県安房郡東条村

学歴〔年〕
東京帝大法科大学〔明治32年〕

学位〔年〕
法学博士〔明治40年〕

経歴
明治33年東京帝大法科大学助教授となり、36年ドイツに留学。39年帰国し、40年教授に就任。法律学における立場は、ドイツ風の典型的な概念法学であり、著書に「債権総論」「日本民法総論」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android