コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川尻岬 かわしりみさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川尻岬
かわしりみさき

山口県北西部,長門市の向津具半島北端にあり,玄武岩断崖をなす岬。春季座礁や漂着事故の多い航行上の難所で,灯台を設置。沖合いはサバ,ブリなどの好漁場。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕川尻岬(かわしりみさき)


山口県北西部、向津具(むかつく)半島北端の岬。長門(ながと)川尻岬灯台がある。日本海の荒波を受けて玄武(げんぶ)岩の海食崖(かいしょくがい)が続き、柱状節理(ちゅうじょうせつり)も発達。磯釣(いそづ)りの好適地で、近くに川尻岬キャンプ場がある。「かわじりみさき」とも読む。

〔山口県〕川尻岬(かわじりみさき)


川尻岬(かわしりみさき)

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

川尻岬の関連キーワード柱状節理海食崖磯釣

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android