川尻石器時代遺跡(読み)かわじりせっきじだいいせき

国指定史跡ガイドの解説

かわじりせっきじだいいせき【川尻石器時代遺跡】


神奈川県相模原(さがみはら)市緑区谷ヶ原にある集落跡。富士の裾野に発した相模川が相模台地に出て、南に大きく進路を変える北岸の段丘上に位置する。この遺跡は大正年間から遺物が豊富で、地下には石が集合した場所があることが知られており、1929年(昭和4)の発掘調査で、縄文時代後期とみられる敷石住居跡1軒が発見され、1931年(昭和6)に国の史跡に指定された。その後も調査範囲を広げながら数多くの発掘調査が実施され、1989年(平成1)からの調査では、それまでに知られていなかった古墳時代~平安時代の集落跡と旧石器時代の遺構・遺物が発見された。縄文時代中期の竪穴(たてあな)住居跡46軒、後期の敷石住居跡1軒なども確認された。遺跡の全容が明らかになったことなどから、2006年(平成18)に3度目の追加指定があった。JR横浜線橋本駅から神奈中バス「久保沢」下車、徒歩約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android