裾野(読み)スソノ

  • 地名

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 山麓がゆるやかな傾斜で遠くまでのびて野原となった所。火山の噴出物が堆積してできた緩斜面の原野をもいう。
※後拾遺(1086)秋下・三七一「夕日さすすそののすすき方よりにまねくや秋を送るなるらん〈源頼綱〉」
[2] 静岡県東部の地名。箱根外輪山西斜面から富士・愛鷹(あしたか)山東斜面にひろがる。果樹栽培・園芸のほか、機械・電機部品工業がさかん。昭和四六年(一九七一)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

裾野の関連情報