裾野(読み)すその

精選版 日本国語大辞典「裾野」の解説

すそ‐の【裾野】

[1] 〘名〙 山麓がゆるやかな傾斜遠くまでのびて野原となった所。火山の噴出物が堆積してできた緩斜面原野をもいう。
※後拾遺(1086)秋下・三七一「夕日さすすそののすすき方よりにまねくや秋を送るなるらん〈源頼綱〉」
[2] 静岡県東部の地名。箱根外輪山西斜面から富士・愛鷹(あしたか)山東斜面にひろがる。果樹栽培・園芸のほか、機械・電機部品工業がさかん。昭和四六年(一九七一市制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「裾野」の解説

すその【裾野】[地名]

静岡県北東部の市。箱根用水完成により、富士の裾野の火山灰地水田に変わったが、現在はアルミ自動車部品工業が盛ん。人口5.5万(2010)。

すそ‐の【裾野】

の緩やかな傾斜地。
上部にあるものを支える基礎になるもの。「科学教育の裾野
ある物事の関係する範囲。また、組織などの規模。「愛好者の裾野が広い競技」「市場の裾野拡大」
[類語]山麓山裾山辺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android