コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相模川 さがみがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相模川
さがみがわ

山梨県西部から神奈川県中部を流れる川。全長 109km。上流山中湖に発して山梨県の郡内地方を流れる桂川。神奈川県に入ると丹沢山地関東山地の間を南東流する。厚木市からは,南に向きを変え,丹沢山地と相模原台地の間に相模平野を形成して相模湾に注ぐ。おもな支流は丹沢山地に発する道志川中津川。下流は馬入川とも呼ばれる。近世は舟運が盛んで,上流部からは絹,木材,下流からは海産物,雑貨などを運んだ。 1938年から総合開発事業が進められ,取水堰,堤防の改修などが行われてきた。第2次世界大戦後は山間部に相模ダム城山ダムなどが建設され,治水,発電,灌漑,上水道源に大きな役割を果す。またダムによる人造湖 (相模湖津久井湖など) が連続して観光地ともなっている。相模平野は県有数の米作地域であるが,住宅,工場の進出が著しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さがみ‐がわ〔‐がは〕【相模川】

神奈川県中央部を流れ、相模湾に注ぐ川。山中湖に発し、相模湖までの上流を桂川、河口付近を馬入(ばにゅう)川ともいう。長さ約109キロ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

相模川【さがみがわ】

神奈川県中部の川。上流を桂川,河口付近を馬入川という。長さ109km,流域面積1680km2。山中湖に発して北東流し,大月市で笹子川,相模湖下流で道志川を合わせ,津久井湖,相模原を経て平塚市の東で相模湾に注ぐ。
→関連項目厚木[市]海老名[市]神奈川[県]相模原相模原[市]寒川[町]城山[町]水源の森林づくり事業茅ヶ崎[市]中央[区]津久井[町]平塚[市]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さがみがわ【相模川】

富士山の北東麓に発して山梨県から神奈川県に入り,県中央部を南流して相模湾に注ぐ川。河口付近は馬入(ばにゆう)川とも呼ばれる。幹線流路延長109km,全流域面積1680km2。上流は桂川といい,その水源は山中湖と,その北岸の山梨県忍野(おしの)村の山中にある。桂川が神奈川県に入って相模川となり,山梨県の道志(どうし)山地から流出する道志川を津久井(つくい)湖で,丹沢山地から流出する中津川を厚木市街地で合わせ,平塚市の東辺で湘南砂丘を切って相模湾に入る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さがみがわ【相模川】

山梨県の山中湖に源を発し、神奈川県中央部を流れて相模湾に注ぐ川。長さ109キロメートル。上流を桂川、河口付近を馬入ばにゆう川という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県(神奈川県)〕相模川(さがみがわ)


山梨県東部から神奈川県中部を流れる川。1級河川(相模川水系)。延長109km。流域面積1680km2。神奈川県最大の河川で、上流の山梨県部分は一般に桂(かつら)川とよばれる。河口近くは馬入(ばにゅう)川とも。山梨県の山中(やまなか)湖から流出して北東流、東流し、神奈川県を南流して平塚(ひらつか)市・茅ヶ崎(ちがさき)市境で相模湾に注ぐ。中流に相模ダム(相模湖)、城山(しろやま)ダム(津久井(つくい)湖)があり、生活・工業用水や発電など多目的に利用される。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相模川
さがみがわ

山梨県の山中湖に源を発し、都留(つる)盆地を北東へ流れ、神奈川県へ入って南東へ、さらに南に向きを変えて相模湾へ注ぐ川。一級河川。神奈川県内最大の河川で、延長109キロメートル。流域面積1680平方キロメートル。上流の山梨県では桂(かつら)川とよばれ、神奈川県へ入ってからは相模川となり、河口付近は馬入(ばにゅう)川ともいわれる。途中で道志(どうし)川、中津川、小鮎(こあゆ)川などの支流を合する。本・支流の沿岸に河岸段丘が発達する。江戸時代には、現在の相模原市緑(みどり)区から河口まで、下り荷では米、繭、木材、薪炭(しんたん)、上り荷ではしょうゆ、魚類、干鰯(ほしか)などの輸送水路として使われていた。第二次世界大戦後、相模ダム(相模湖)と城山ダム(津久井(つくい)湖)が建設されて、洪水防止をはじめ、発電、飲料、工業、農業用など多目的に利用されている。上・中流部は古くからアユ釣り場として知られ、新しい両人造湖は京浜の湖水観光地、また水上スポーツ(ボート、カヌーなど)の練習場、競技場としてもにぎわっている。中・下流の左右両岸地域に流域下水道事業がほぼ行き渡り、また両岸の堤防を防水のほか道路としても利用する多目的堤防に改造する事業、堤外地を緑化してスポーツやレクリエーション地区として整備する事業なども行われている。また、支流の中津川上流の宮ヶ瀬地区には大規模ダムの宮ヶ瀬ダム(2001年全面運用開始)がある。上流の山梨県内には、富士山の噴出溶岩にかかる滝や急流の景勝地が多い。河口に近い馬入の対岸にある旧相模川橋脚(茅ヶ崎(ちがさき)市、国指定史跡)は、関東大地震のとき付近一帯が沈降した際、水田中から現れた11本の大杭(おおくい)で、鎌倉時代に架けた橋ではないかといわれる。[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の相模川の言及

【相模国(相摸国)】より

…《古事記》は〈相武〉と書いて〈佐賀牟〉とよみ,《和名類聚抄》は〈相摸〉と書いて〈佐加三〉とよんでいる。大化改新前には国内に師長(しなが)国造,相武国造,鎌倉別(わけ)が存在しており,これら三つの政治圏は,相模国内のそれぞれ西部地域(酒匂川流域),中央地域(相模川流域),東部地域(鎌倉,三浦郡辺)を基盤としていたと推測される。伝承としては記紀の日本武尊東征説話に,走水の渡海に際して弟橘媛が入水した話や,日本武尊が足柄坂で弟橘媛をしのんで〈吾婕(あづま)はや〉と三嘆したという話などに〈相武〉の名が見える。…

※「相模川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

相模川の関連キーワード神奈川県茅ヶ崎市下町屋神奈川県立相模三川公園相模原[市]津久井[町]相模湖[町]城山[町]城山〈町〉藤野[町]愛川[町]寒川[町]座間[市]宮ヶ瀬ダム平塚[市]宮ケ瀬ダム宮ヶ瀬湖茅ヶ崎市茅ヶ崎中津原小仏層小倉橋

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相模川の関連情報