コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川島梅坪 かわしま ばいへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川島梅坪 かわしま-ばいへい

1835-1891 明治時代の教育者。
天保(てんぽう)6年7月21日生まれ。川島奇北の父。武蔵(むさし)忍(おし)藩(埼玉県)藩儒芳川波山にまなぶ。埼玉県令白根多助にまねかれ,明治8年県立学校監事となり,中学師範学校長をかねる。近代学校教育制度の確立につくした。のち北葛飾郡長。明治24年5月25日死去。57歳。武蔵埼玉郡出身。本名は浩。編著に「埼玉県地誌略」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

川島梅坪の関連キーワード明治時代教育者

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android