川湯温泉(読み)かわゆおんせん

  • 北海道

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北海道東部、釧路(くしろ)総合振興局管内の弟子屈町(てしかがちょう)にある温泉。泉質は強酸性の硫黄泉。ホテルや旅館など宿泊施設が多く、阿寒摩周(あかんましゅう)国立公園東部の観光基地をなしている。温泉街南方の山アトサヌプリの麓(ふもと)にはエゾイソツツジのお花畑がある。JR釧網(せんもう)本線川湯温泉駅からバスの便がある。[古川史郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

川湯温泉の関連情報