川瀬 源太郎(読み)カワセ ゲンタロウ

20世紀日本人名事典の解説

昭和・平成期の経営者 元・日本生命保険社長。



生年
大正5(1916)年5月3日

没年
平成15(2003)年1月23日

出生地
滋賀県近江八幡市西本郷町

学歴〔年〕
彦根高商〔昭和12年〕卒

主な受賞名〔年〕
藍綬褒章〔昭和58年〕,勲一等瑞宝章〔昭和63年〕

経歴
昭和12年日本生命保険に入社。有価証券部長、東京財務部長、関連事業部長などを経て、45年取締役。48年常務、52年専務、56年副社長を経て57年社長に就任。62年度の決算では、収入保険料、総資産、新契約高、保有契約高の4指標全てにおいて世界最大となった。平成元年会長、8〜10年相談役名誉会長。昭和62年〜平成6年関西経済連合会副会長を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android