コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川端千枝 かわばた ちえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川端千枝 かわばた-ちえ

1887-1933 大正-昭和時代前期の歌人。
明治20年8月9日生まれ。大正2年前田夕暮の門にはいる。13年「日光」同人。廃刊後は「香蘭」同人となった。昭和8年7月4日死去。47歳。兵庫県出身。親和女学校卒。旧姓は炬口。本名は川畑ちゑ。歌集に「白い扇」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

川端千枝

没年:昭和8.7.4(1933)
生年:明治20.8.9(1887)
大正昭和の歌人。神戸市出身。大正2(1913)年に作歌をはじめ,前田夕暮に認められ『白い扇』(1932)で地歩を築いたが,流された恋愛説によって師のもとを去らざるを得なくなるなど美貌によって曲折,波乱の生涯を送った。歌風は豊かな抒情性が特色。著作集に『川端千枝全歌集』(1934)がある。

(渡辺澄子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

川端千枝の関連キーワード川端 千枝没年

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android