コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工藤庸子 くどう ようこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

工藤庸子 くどう-ようこ

1944- 昭和後期-平成時代のフランス文学者。
昭和19年7月29日生まれ。平成4年東大教授,16年放送大学教授。「女帝エカテリーナ」をはじめとする一連のトロワイヤ著作翻訳,紹介し,昭和59年「アレクサンドル一世」「イヴァン雷帝」の翻訳で第1回渋沢・クローデル賞。埼玉県出身。東大卒。旧姓は藤平。著作に「宗教vs.国家」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

工藤庸子の関連キーワードコンスタン(フランスの政治家、作家)エカチェリーナ(2世)居酒屋(ゾラの小説)バルガス・リョサボロジノの戦いイワン(4世)ビュトールクンデラアドルフメダン派ナナゾラ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android