左相府(読み)さしょうふ

精選版 日本国語大辞典「左相府」の解説

さ‐しょうふ ‥シャウフ【左相府】

〘名〙 左大臣(さだいじん)唐名
※江吏部集(1010‐11頃)上・七言。夏夜陪左相府池亭守庚申同賦池清知雨晴応教一首 并序「左相府尊閣者希代栄貴之器也。居戚里王者之親舅」 〔拾芥抄(13‐14C)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android