左術(読み)さじゅつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

左術 さじゅつ

?-? 江戸時代後期の浮世絵師。
天保(てんぽう)13年(1842)ごろ,江戸神田にすみ,団扇(うちわ)問屋伊勢屋惣右衛門方で団扇絵をかいた。「東都日本橋之晴朝」などの作品がある。左利きのため左術と称した。姓は西沢。通称は民治郎。号は画賢斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android