コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左術 さじゅつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

左術 さじゅつ

?-? 江戸時代後期の浮世絵師。
天保(てんぽう)13年(1842)ごろ,江戸神田にすみ,団扇(うちわ)問屋伊勢屋惣右衛門方で団扇絵をかいた。「東都日本橋之晴朝」などの作品がある。左利きのため左術と称した。姓は西沢。通称は民治郎。号は画賢斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android