巨人の星

デジタル大辞泉プラスの解説

巨人の星

日本のテレビアニメ放映は日本テレビ系列(1968年3月~1971年9月)。原作梶原一騎川崎のぼるによる漫画作品。制作東京ムービー。声の出演:古谷徹ほか。から野球英才教育を受けた星飛雄馬(ひゅうま)が、巨人読売ジャイアンツで活躍する姿を描く。続編として、1977~78年に『新・巨人の星』、1979年に『新・巨人の星II』が放映された。

巨人の星

川崎のぼる作画、梶原一騎原作による漫画作品。父親から野球の英才教育を受けた少年が成長して読売ジャイアンツに入団、ライバルたちと戦う野球漫画。続編に「新巨人の」がある。『週刊少年マガジン』1966年第19号~1971年第4・5号に連載。続編「新巨人の星」は『週刊読売』1976年第41号~1979年第16号に連載。講談社少年マガジンKC全19巻+読売新聞社全7巻。第8回(1967年)講談社児童まんが賞受賞。1968年~1979年日本テレビ系列でアニメが3シリーズ放映された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巨人の星の関連情報