続編/続篇(読み)ゾクヘン

図書館情報学用語辞典の解説

続編

(1)“すでに出版された著作を補うものとして,後続の形で出版される著作”(『日本目録規則1987年版改訂3版』用語解説).補遺と同義で用いられることもあるが,通常は継続して刊行される出版物を総称した,より包括的な用語である.(2)“それ自体で完結しているが,以前のある著作を継続する文学上もしくはその他の創作”(『英米目録規則第2版日本語版』用語解説).

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞく‐へん【続編】

〘名〙 書物や映画、演劇などで本編や正編などのつづきである編。第二の編。
※授業編(1783)五「二書ともに前編続編あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android