コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢弘高 こせの ひろたか

2件 の用語解説(巨勢弘高の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨勢弘高 こせの-ひろたか

?-? 平安時代中期の画家。
巨勢深江(ふかえ)の子。采女正(うねめのかみ),絵所(えどころ)長者となる。長保2年(1000)一条天皇の衣服のため五霊鳳桐の模様を,4年花山上皇の命で性空(しょうくう)上人像をえがいた。多方面での活動が知られ,平安時代絵画の典型的様式の完成者とみなされる。名は広高,広貴,広孝ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

巨勢弘高

生年:生没年不詳
平安中期の宮廷絵師。広貴・広高とも。病で出家したが,のち還俗して絵所に仕えたという。正暦年間(990~995),関白藤原道隆の臨時客に弘高の描いた楽府の屏風が用いられる。長保1(999)年,不動像を描く。このとき妥女正 であった。同年,藤原彰子入内の調度に弘高の歌絵の冊子がある。2年,五霊鳳桐画様を図する。4年,書写聖性空像を描く。寛弘7(1010)年,妍子入東宮の調度に弘高の屏風がある。王朝文化の成熟期に広範な作画活動を行い,古典様式を代表する絵師のひとりとみれらる。作品は現存しない。<参考文献>秋山光和『平安時代世俗画の研究』

(長谷川稔子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巨勢弘高の関連キーワード高階隆兼土佐光長飛鳥部常則小右記扶桑集千枝和歌九品巨勢相覧藤原宗弘藤原基光

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone