コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨曾倍津嶋 こそべの つしま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨曾倍津嶋 こそべの-つしま

?-? 奈良時代の官吏。
大和介(やまとのすけ),山陰道節度使判官などを歴任。「万葉集」に短歌2首がのせられており,その詞書(ことばがき)から,天平(てんぴょう)10年(738)ごろ長門守(ながとのかみ)をつとめていたことがわかる。氏は許曾倍,名は対馬ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone