差交(読み)さしまじる

精選版 日本国語大辞典の解説

さし‐まじ・る【差交】

〘自ラ四〙 (「さし」は接頭語)
① まじる。まざり合う。
※夜の寝覚(1045‐68頃)三「いかに宣はんとすらん。いかに答へやらんとは、さしまじりつつおぼゆるにつけても」
② 人と交際する。仲間に加わる。
※枕(10C終)二九二「さすがに人にさしまじり、心などのあるを」

さし‐か・う ‥かふ【差交】

〘他ハ下二〙 互いにさし入れる。交差させる。さしかわす。
※出雲風土記(733)仁多「川上は 木の穂刺加布(さしカフ)

さし‐まじら・う ‥まじらふ【差交】

〘自ハ四〙 (「さし」は接頭語) 人々と交際する。人中へ出てつきあう。
※枕(10C終)二四「なほさりぬべからん人のむすめなどは、さしまじらはせ、世のありさまも見せならはさまほしう」

さし‐かわ・す ‥かはす【差交】

〘他サ五(四)〙 (「さし」は接頭語) 互いに入れちがいにする。交差させる。さしかう。
※高遠集(1011‐13頃)「さしかはしひとつ枝にとちぎりしはおなじみやまのねにやあるらむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android