差手(読み)さしで

精選版 日本国語大辞典「差手」の解説

さし‐で【差手】

〘名〙 (「さして」とも) 相撲で、自分の手を相手の下に差し入れること。また、その差した手。
※相撲講話(1919)〈日本青年教育会〉常陸山、梅ケ谷時代の壮観「差手(サシデ)を取って」

さす【差】 手(て)

の手の名。手を前にさしだすこと。
※光悦本謡曲・唐船(1554頃)「棹のさすても舞の袖」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「差手」の解説

さし‐て【差(し)手】

相撲で、自分の手を相手の脇の下に差し入れること。また、その

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる