巻散花序(読み)かんさんかじょ

世界大百科事典内の巻散花序の言及

【花序】より

…有限花序は軸の頂端が花で終わり仮軸分枝となっているものが多く,分枝の数により次のように分けられる。2出集散花序(キダチトウガラシ),多出集散花序(サンゴジュ),単出集散花序があり,単出集散花序は立体的方向により巻散花序,扇状花序などに分けられる。なお上記の一つの花のかわりに一つの花序がつき複合花序となるものも多く,原則的にはあらゆる花序の組合せが可能で,最も小さい花序名に全体の花序名を合成してよぶ。…

※「巻散花序」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android