コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻線型誘導電動機 まきせんがたゆうどうでんどうきwound-rotor induction motor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巻線型誘導電動機
まきせんがたゆうどうでんどうき
wound-rotor induction motor

巻線回転子を有する誘導電動機。回転子巻線の端子はスリップリングを通じて外部に取出されており,通常の運転時にはスリップリング端子は短絡して使用する。起動時の特性を改善したり,負荷時の速度を変化させるためにスリップリング間に適当な抵抗をつないで使用する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

巻線型誘導電動機の関連キーワード籠型誘導電動機非同期発電機

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android