コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誘導電動機 ゆうどうでんどうきinduction motor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

誘導電動機
ゆうどうでんどうき
induction motor

交流電動機の一種。巻線構造をもった固定子に交流電圧を加えることで回転磁界をつくり,その磁界により回転子に誘導起電力が発生し,その起電力による電流と回転磁界の相互作用により回転磁界と同方向に回転力が生じ,回転子が回転する。回転子が回転磁界と同じ速さ,すなわち同期速度で回転すると,もはや磁束は回転子導体を切らないので,回転子電流は0となり,回転力もなくなる。それゆえ,誘導電動機の回転速度は必ず同期速度以下である。同期回転速度を n0 ,回転速度を n とすると,S=(n0n)/n0 を「すべり」と呼ぶ。すべりは負荷が増加すると大きくなる。回転子の構造により,籠型,巻線型,その他あり,相数により,単相,三相がある。構造が簡単,低廉で,ほぼ一定の回転速度が必要な場合の電動機として広く使用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

誘導電動機【ゆうどうでんどうき】

インダクションモーターとも。回転磁界をつくる固定子と,その内部にあって回転する回転子とからなる交流電動機。固定子は鉄心の内側の溝に固定子巻線を絶縁しておさめ,回転子は鉄心の外側の溝に導線をはめこみ,導線の両端を金属環(短絡環)で連結した構造になっている。
→関連項目扇風機リニアモーター

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうどうでんどうき【誘導電動機】

交流電動機の一種。固定子巻線に交流を流して回転磁界をつくり、電磁誘導作用によって回転子巻線に電流が流れて、回転磁界との間にトルクを生じ回転の起こるもの。回転子の構造により、巻線形・籠かご形などがあり、また相数により単相用・三相用などがある。インダクション-モーター。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

誘導電動機
ゆうどうでんどうき

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の誘導電動機の言及

【テスラ】より

…誘導電動機を発明し交流技術を完成した電気工学者で,天才肌の発明家であった。クロアチアのスミリャンに生まれ,グラーツ工業学校とプラハ大学で学び,ブダペストの電信局に勤めた。…

【電動機】より

…直流電源に接続して運転される電動機を直流電動機といい,交流電源に接続して運転される電動機を交流電動機という。交流電動機には誘導電動機,同期電動機,交流整流子電動機の3種類があり,それぞれ単相,多相(通常は三相)の別がある。直流直巻電動機は電車の牽引用電動機として広く用いられているが,直列抵抗を入れて始動する代りに,直流チョッパー(サイリスターなどを用いて定電圧の直流から可変電圧の直流を得る装置)によって始動および速度制御を行う例が増えている。…

※「誘導電動機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

誘導電動機の関連キーワードM.v. ドリボ・ドブロウォルスキードリボ・ドブロウォルスキーマグネチックスターラーコンデンサーモーター深溝籠型誘導電動機巻線型誘導電動機コンデンサモータ単相誘導電動機インダクション誘導電圧調整器くま取りコイル籠型誘導電動機かご形誘導機非同期発電機サーボモータ整流子電動機単相誘導機三相モータリアクトル電動発電機

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android