コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻鉄心変圧器 まきてっしんへんあつきwoundcore type transformer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巻鉄心変圧器
まきてっしんへんあつき
woundcore type transformer

方向性ケイ素鋼帯を螺旋状に巻いた鉄心を使う変圧器で,配電用変圧器の比較的小容量のものに利用されている。小型のものは鋼帯を円形に巻くが,中型のものは鋼帯を長方形に巻き,鉄心全体を接着剤で固着したあと2ヵ所で切断し,U字形の2部分に分け,切断面を精密に仕上げ (カットコアという) ,コイルをはめ込み,再び組合せてつくられる。鋼帯の圧延方向に磁束が通るので,他の鉄心構造のものより励磁電流や鉄損がきわめて小さい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

巻鉄心変圧器の関連キーワード方向性ケイ素鋼帯愛知電機

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android