鉄心(読み)テッシン

デジタル大辞泉の解説

てっ‐しん【鉄心】

鉄の芯(しん)。また、鉄の芯を入れたもの。
コイルの中心にある鉄材。コア。
鉄のように堅固な精神。鉄石心

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てっしん【鉄心】

しんに鉄が入っていること。
回転電気機器・変圧器・電磁石などで、コイルの中に入れて磁気回路として用いる鋼材。
鉄のように堅固な心。 「近来は梅も-を変ずると見えたことには/中華若木詩抄」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄心の関連情報