コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市場対応価格付け しじょうたいおうかかくづけpricing to market

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市場対応価格付け
しじょうたいおうかかくづけ
pricing to market

同一の商品について,各々の市場ごとに異なる価格の設定や変更を行なう企業戦略のこと。具体的には,国内市場と海外市場を比べると,為替レートが変化した場合,将来に対する不確実性や企業の売り上げ最大化行動から,海外市場でのシェア確保のために,輸出価格を為替レートの変動に比べてあまり変更しない場合がある。このように同一の商品であっても,市場ごとにマークアップ率が異なってくるが,これは円高局面において為替レートによる貿易数量調整効果を小さくしたり,内外価格差の原因の一つになったりする場合がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android