コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市来の七夕踊

1件 の用語解説(市来の七夕踊の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

市来の七夕踊

鹿児島県いちき串木野市の大里地区に伝わる民俗芸能。毎年月遅れの七夕で披露される風流踊。「ツクイモン」と呼ばれる鹿・虎・牛・鶴の大きな張り子の動物が先導する大名行列、長刀踊、太鼓踊の列が集落に繰り出す島津義弘の朝鮮戦役凱旋の祝賀行事が由来との説がある。太鼓と鉦(かね)を手に舞う本踊(太鼓踊)は虫追いの習俗に基づくともされる。1981年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の市来の七夕踊の言及

【七夕踊】より

…現在残っているもののうち島根県大原郡木次町の七夕踊は〈盆踊〉ともいい,《七夕踊》《山くづし》《関の五本松》の3曲からなる。鹿児島県日置郡市来(いちき)町の〈市来の七夕踊〉は,七夕に行われる風流(ふりゆう)で,鹿,虎,牛,鶴の大張子の作り物,琉球王行列,大名行列,薙刀(なぎなた)踊の行列物と,七夕踊の中心をなす太鼓踊からなる。大里地区の全青年が数百人参加する大がかりなものである。…

※「市来の七夕踊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

市来の七夕踊の関連情報