コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市来の七夕踊

1件 の用語解説(市来の七夕踊の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

市来の七夕踊

鹿児島県いちき串木野市の大里地区に伝わる民俗芸能。毎年月遅れの七夕で披露される風流踊。「ツクイモン」と呼ばれる鹿・虎・牛・鶴の大きな張り子の動物が先導する大名行列、長刀踊、太鼓踊の列が集落に繰り出す島津義弘の朝鮮戦役凱旋の祝賀行事が由来との説がある。太鼓と鉦(かね)を手に舞う本踊(太鼓踊)は虫追いの習俗に基づくともされる。1981年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の市来の七夕踊の言及

【七夕踊】より

…現在残っているもののうち島根県大原郡木次町の七夕踊は〈盆踊〉ともいい,《七夕踊》《山くづし》《関の五本松》の3曲からなる。鹿児島県日置郡市来(いちき)町の〈市来の七夕踊〉は,七夕に行われる風流(ふりゆう)で,鹿,虎,牛,鶴の大張子の作り物,琉球王行列,大名行列,薙刀(なぎなた)踊の行列物と,七夕踊の中心をなす太鼓踊からなる。大里地区の全青年が数百人参加する大がかりなものである。…

※「市来の七夕踊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

市来の七夕踊の関連キーワード鹿児島県いちき串木野市旭町鹿児島県いちき串木野市大里鹿児島県いちき串木野市川上鹿児島県いちき串木野市上名鹿児島県いちき串木野市栄町鹿児島県いちき串木野市下名鹿児島県いちき串木野市羽島鹿児島県いちき串木野市緑町鹿児島県いちき串木野市港町鹿児島県いちき串木野市湊町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

市来の七夕踊の関連情報