風流踊(読み)ふりゅうおどり

  • ふりゅうおどり フリウをどり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

・鼓・などの囃子に合せて歌いながらる群舞。広義には平安時代の田楽や疫病神送りの祭りに伴う踊りも含まれるが,一般には念仏踊系の風流が流行して以後,室町時代末期から近世初頭にかけて盛行した集団の踊りをいう。そろいの扮装をし,主として数種の小歌を組合せて歌いながら統一された所作で踊るのが特徴で,伊勢踊,小原木踊,飛騨 (ひんだ) 踊などが知られた。慶長9 (1604) 年8月の豊臣秀吉7回忌の豊国神社祭を描いた屏風絵に,当時の風流踊の様子が詳しくうかがわれる。また,室町時代末に少女が踊ったややこ踊という風流踊は,歌舞伎踊成立の母体となったといわれる。今日,全国各地で行われる盆踊をはじめ,太鼓踊雨乞踊,臼太鼓,浮立 (ふりゅう) ,ざんざか踊花笠踊鹿島踊綾子舞など数多くの風流踊が伝承されており,扮装も芸態も多様である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

趣向をこらした扮装の者たちが,集団で笛・太鼓・鉦(かね)・鼓などの伴奏にあわせて踊る踊り。歌は室町時代後期から近世初期にかけて流行した小歌を,数首組歌にして歌う場合が多い。現在風流踊は民俗芸能として,太鼓踊カンコ踊,神踊(かみおどり),ざんざか踊雨乞踊花踊花笠踊,いさみ踊,聖霊踊(しようりようおどり)などの名で残っているが,その分布は東京都以西である。
[歴史]
 室町時代初期,〈囃子物(はやしもの)〉として京都近郊で演じはじめられていた風流の芸態は,作り物囃子物(囃し物)が主で,踊りといえるものは盂蘭盆会(うらぼんえ)の念仏踊(踊念仏)ぐらいであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 中世の民間芸能の風流に起こり、現在も諸国各地の念仏踊・太鼓踊・獅子踊・小歌踊・盆踊・綾踊・奴踊などに伝わる集団舞踊。いわゆる民俗舞踊の大部分を占める踊り。
※京羽二重織留(1689)六「宇佐八幡宮 志賀にあり祭八月十五日夜に入て風流をどり辻ずまふあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の風流踊の言及

【踊り】より

…舞が選ばれた者や特別な資格を持つ者が少人数で舞うのに対し,踊りはだれでもが参加できるため群をなす場合が多く,場も特殊な舞台を必要としない。近世以前には腰鼓や編木(びんざさら)を奏しつつ躍る田楽躍,鉦(かね)や念仏でおどる踊念仏,小歌を誦する小歌踊,飾りや歌にくふうをこらした風流(ふりゆう)踊などがあり,用いる楽器により太鼓踊,羯鼓(かつこ)踊,銭太鼓踊,採物(とりもの)や被(かぶ)り物の違いにより棒踊,傘踊,笠踊,灯籠踊,綾踊,コキリコ踊,目的の違いにより盆踊,七夕踊,田植踊,雨乞踊,形態によって鹿(しし)踊,七福神踊などさまざまな名称で呼ばれる。なお近世の歌舞伎舞踊は舞と踊りの要素を巧みに融合させた舞台芸能であるが,踊りの要素が濃い部分はとくに踊り地と称し,最後の華やかな多勢の手踊りなどを総踊りともいう。…

【掛踊】より

…盆の踊りなどで踊り組が互いに踊りを掛けあい競いあう形態。室町末期から近世初期に流行した風流(ふりゆう)踊に特徴的に見られ,当時の記録類には扮装や歌にくふうを凝らし,趣向を競った様子が記される。また風流踊を疫病送りなどに用いる所では,他村との境まで踊りを掛けて順次送り出す形態もあり,伊勢神宮まで踊り継いだ伊勢踊やお蔭踊はその変型といえる。…

【灯籠踊】より

…民俗芸能。風流(ふりゆう)踊の一種で,頭に美しい切子(きりこ)灯籠などをかずいて踊る。盂蘭盆会(うらぼんえ)に意匠を凝らした灯籠を掲げ,また贈答することは古くから行われているが,中世後期に盆に風流の踊りが流行すると,その趣向として美しい女衣装を着,頭に灯籠を置いた青年の一団が,小歌にあわせて振りをした。…

【南条踊】より

…民俗芸能で,風流(ふりゆう)踊の一種。山口県岩国市・長門市,広島県山県郡大朝町新庄などに伝承される。…

【日本舞踊】より

…そのほか戦国時代,武将の間でもてはやされたもので,物語につれて舞う幸若舞(こうわかまい),曲舞(くせまい),白拍子(しらびようし)と呼ばれた遊女の白拍子舞があった。 室町時代末期からは民衆の勃興にともない,風流踊(ふりゆうおどり)と呼ぶ集団舞踊が盛んになり,きらびやかな装いで,作り物で頭を飾り,笛や鼓,歌等につれて街頭に出て踊り,民衆のエネルギーを爆発させた。これは舞から踊りへの移行を意味した。…

【風流】より

…これら貴族社会の風流は,しばしば朝廷から禁令が出るほどに華美なものであったが,南北朝期に入ると力をつけてきた町衆や地方の有力農民層にも浸透し,とくに彼らが担い手となった祭礼の芸能の中で大きく花開いた。このため,一般に風流と称した場合,室町時代の社寺の祭礼などに,さまざまな扮装や仮装で笛・太鼓・小鼓・鉦(かね)などに囃されて繰り出した〈囃子物(はやしもの)〉や,それからさらに発展して,趣向をこらした踊り衆がまわりについた〈風流踊〉,また文学や和歌の心を意匠化した風情ある〈作り物〉をいうのである。室町期成立の《下学集》にも,〈風流〉を〈風情の義也。…

【盆踊】より

…具体的ようすは《言継(ときつぐ)卿記》《証如上人日記》などに詳しい。この時期の踊りは盂蘭盆会以外にも踊られ,一般に風流踊の名で呼ばれる。地方によっては念仏踊色の強い芸態を伝えた地も多く,町の辻などに踊堂をつくる所もあった。…

※「風流踊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風流踊の関連情報