市杵島姫命・市寸島比売命(読み)いちきしまひめのみこと

大辞林 第三版の解説

いちきしまひめのみこと【市杵島姫命・市寸島比売命】

記紀神話の神。宗像むなかた三女神の一。天照大神あまてらすおおみかみと素戔嗚尊すさのおのみことの誓うけいのとき生まれた。のち、弁才天と同一視され、また市神としてまつられることも多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いちきしまひめ‐の‐みこと【市杵島姫命・市寸島比売命】

記紀などに見える神。天照大神素戔嗚尊が天の安の河で誓約を行なった際生まれた三女神中の一神。田心姫(たごりひめ)、湍津姫(たぎつひめ)とともに、宗像(むなかた)の神として知られる。厳島神社、田島神社の祭神でもある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android