コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市立レーンバッハギャラリー(読み)しりつレーンバッハギャラリー

世界の観光地名がわかる事典の解説

しりつレーンバッハギャラリー【市立レーンバッハギャラリー】

ドイツ南部、バイエルン州の州都ミュンヘン(München)市内のケーニヒスプラッツ広場にある、19~20世紀の絵画を展示する美術館。伯爵で、19世紀後半のミュンヘンの著名な画家として知られるレンバッハ(Franz von Lenbach、1836~1904年)の広大な旧邸宅の一部を改装して、市立の美術館になっている。開館は1929年。1階は19世紀のドイツ絵画、2階にはミュンヘンで絵画を学んだロシアの画家カンディンスキー(Wassily Kandinsky、1866~1944年)などの作品が展示されている。特に、カンディンスキーのコレクションは充実している。このほか、カンディンスキーも一時期参加していた芸術グループ「青騎士」のマルク、マッケ、クレー、ミュンターヤウレンスキーらの代表作も展示されている。また、レンバッハの住まいも「レンバッハ邸の歴史的大部屋」として一般公開されている。◇日本では「レンバッハハウス美術館」とも呼ばれる。地下鉄ケーニヒスプラッツ駅(Koenigsplatz)、トラムのカロリーネンプラッツ停留所(Karolonenplatz)が最寄り駅。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android