コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市立レーンバッハギャラリー しりつレーンバッハギャラリー

1件 の用語解説(市立レーンバッハギャラリーの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

しりつレーンバッハギャラリー【市立レーンバッハギャラリー】

ドイツ南部、バイエルン州の州都ミュンヘン(München)市内のケーニヒスプラッツ広場にある、19~20世紀の絵画を展示する美術館。伯爵で、19世紀後半のミュンヘンの著名な画家として知られるレンバッハ(Franz von Lenbach、1836~1904年)の広大な旧邸宅の一部を改装して、市立の美術館になっている。開館は1929年。1階は19世紀のドイツ絵画、2階にはミュンヘンで絵画を学んだロシアの画家カンディンスキー(Wassily Kandinsky、1866~1944年)などの作品が展示されている。特に、カンディンスキーのコレクションは充実している。このほか、カンディンスキーも一時期参加していた芸術グループ「青騎士」のマルクマッケクレーミュンターヤウレンスキーらの代表作も展示されている。また、レンバッハの住まいも「レンバッハ邸の歴史的大部屋」として一般公開されている。◇日本では「レンバッハハウス美術館」とも呼ばれる地下鉄ケーニヒスプラッツ駅(Koenigsplatz)、トラムのカロリーネンプラッツ停留所(Karolonenplatz)が最寄り駅

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市立レーンバッハギャラリーの関連キーワードランツフートバイエルン聖ミヒャエル教会ニンフェンブルク城フラウエン教会プリーンホフブロイハウスマリエン広場南ドイツ新聞ミュンヘンマラソン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone