市貝の箕(読み)いちかいのみ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

市貝の箕[その他(工芸)]
いちかいのみ

関東地方、栃木県の地域ブランド。
芳賀郡市貝町で製作されている。箕とは、穀類の殼や塵を分け除く農具篠竹と藤でつくられ、丈夫。栃木県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

市貝の箕

栃木県芳賀郡市貝町で生産される手づくりの箕(日本の伝統的な農具)。篠竹に藤のツルを編みこんで作る。栃木県伝統工芸品に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android